ペアリング34 暖かし若き叔母なる口ひげも 永井龍男

削除:1句/2019.4.16、
追記:土まろばせて・欠ける岨/2020.1.26、寒明&春の雪/2019.12.4、崖自身/2019.11.20、眞處女/2019.8.12、猫の子/2019.3.18

ペアリング34

◎大時計の今

春立ちし大時計鳴りつづきをり  上野泰    やすし

春暁しゅんぎょうの大時計鳴りをはりたる  木下夕爾   ゆうじ

 

 

◎おんなのひげ

暖かし若き叔母おばなる口ひげも  永井龍男

眞處女まおとめ薄鬚うすひげけぶる五月かな  高橋睦郎   むつお

ほのかなる少女のひげの汗ばめる  山口誓子   せいし

 

 

◎崩壊過程

寒明けのがけのこぼせる土赤く 木下夕爾   ゆうじ

崖の土抱きこぼしゐる春の雪 右城暮石うしろ ぼせき

ほろほろと土まろばせて山笑ふ 星野立子

うららかや崖をこぼるる崖自身  澤好摩さわ こうま

寂寞じゃくまく遅日ちじつの崖が砂こぼす  岡本眸     ひとみ

かげろふやほろほろ落る岸の砂  服部土芳はっとり とほう

苗代なわしろに落ち一塊いっかいあぜの土  高野素十    すじゅう

絶壁ぜっぺきのほろほろ落つる汐干しおひかな  前田普羅  ふら

ほろほろと欠けるそばありきじの声 大島蓼太    りょうた

乾きては土こぼすうね揚雲雀あげひばり  林昭太郎

満月や永遠とわこぼるる崖の土  ハードエッジ

氷上に少しく土のくずれ落ち  波多野爽波はたの そうは

 

 

◎容れ物

猫の子のもらはれていく行く袂かな  久保より江

もらひ来る茶碗ちゃわんの中の金魚かな  内藤鳴雪    めいせつ

 

 

◎水尾の如き

金魚売過ぎゆき水尾みおのごときもの  鷹羽狩行たかは しゅぎょう

年過ぎてしばらく水尾のごときもの  森澄雄

 

 

◎拭き掃除

へし階段に腰かけて秋  岡本眸

階段を拭いて降り来る小春こはるかな  ハードエッジ

 

 

◎虚の誕生

もの置けばそこに生れぬ秋の蔭  高濱虚子たかはま きょし

けてすなわち水尾や秋の川  高濱虚子

 

 

◎月と虫

虫の音のたかまりくれば月でん  今井つる女

鳴く虫も月に力を得たりけり  ハードエッジ

月出でゝをらむ鈴虫鳴き澄むは  岸風三楼  ふうさんろう

虫鳴くやあたかも月のあるごとく  依光陽子

 

 

◎ちりはら

ばさと落ちはらはらと降り松手入まつていれ  片山由美子

ちりと鳴きちりちりと鳴き月の虫  後藤夜半   やはん

 

 

◎句稿ほかほか

腹稿ふっこうを暖めて居る懐爐かいろかな  正岡子規  しき

句を玉と暖めてをる炬燵こたつかな  高濱虚子

以上です