ペアリング25 自転車を一家乗り捨て磯遊 上野泰

追記:海ほほえんで/2020.1.26、笑ひ返し/2020.1.23、蟻の列&魂なき僧/2019.12.4、緑蔭/2019.10.23、砂も亦/2019.8.18、海原がこい/2019.6.16、梅雨入/2019.5.17、大出目金/2019.3.4、日は光/2018.9.27、小家の灯/2018.7.25
ペアリング25

 

◎春の煙突

高々と煙突えんとつ立てり春の空  高柳重信たかやなぎ じゅうしん

煙突の一本高し春の海  高濱虚子たかはま きょし

 

 

◎口もと

ほほといふ口して三人官女かな  高田正子

冬と云ふ口笛を吹くやうにフユ  川崎展宏かわさき てんこう

 

 

◎光るもの

はるかなる光も畑を打つくわか  皆吉爽雨みなよし そうう

万緑ばんりょくやきらりと窓の閉まりたる  藤井あかり

緑蔭りょくいん眼鏡めがね光りてこちを見る  高濱虚子たかはま きょし

遠方や枯野の小家の灯の見ゆる  小林一茶    いっさ

遠き家の氷柱落ちたる光かな  高濱年尾たかはま としお

遠目にも光るは硝子がらす初景色はつげしき  岸本尚毅    なおき

日は光ひかりは鳥や初景色はつげしき  岡本眸    ひとみ

 

 

◎乗り捨て

涅槃会ねはんえが乗り捨ての茜雲あかねぐも  上田五千石うえだ ごせんごく

ねてをり乗り捨てられしブランコが  西村和子

自転車を一家乗り捨て磯遊いそあそび  上野泰うえの やすし

自転車を乗り捨ててゆく親不孝  高澤晶子

 

 

◎世と砂と美

うつし世の今美しや桜貝  後藤夜半ごとう やはん

砂もまた美しきかな桜貝  高濱虚子

現し世の砂美しや蟻地獄ありじごく  ハードエッジ

 

 

ヤァ!ヤァ!ヤァ!

やあ蝶々やあ蒲公英たんぽぽと歩きけり  斉田仁さいだ じん

大出目金やあ楸邨といふらしき  加藤楸邨    しゅうそん

やあといふ朝日へおうと冬の海  矢島渚男やじま なぎさお

  山との挨拶は、
  山笑ふみづうみ笑ひ返しけり 大串章おおぐし あきら

  山笑ひ海ほほえんでゐる日かな 嶋田摩耶子  まやこ

 

◎梅雨の日本、梅雨の沖縄

日本は水に浮くくに梅雨つゆに入る  田中裕明たなか ひろあき

大いなる海原がこい梅雨の国  池田澄子

艦といふ大きなひつぎ沖縄忌おきなわき  文挾夫佐恵ふばさみ ふさえ 

沖縄は浮かぶ花束梅雨明ける  川崎展宏かわさき てんこう

 

 

◎静かに

樹も草もしづかにて梅雨はじまりぬ  日野草城 ひ  の そうじょう

梅雨の海静かに岩をぬらしけり  前田普羅まえだ ふら

蟻地獄ありじごく静かに蟻をかしをる  ハードエッジ

 

 

◎死の浮遊

ありの列しづかにちょうをうかべたる 篠原梵しのはら ぼん

秋月やたまなき僧を高担たかになひ 飯田蛇笏   だこつ

 

 

◎この二人

尚毅なおき居る裕明ひろあきも居る大文字だいもんじ  波多野爽波はたの そうは

漱石そうせきが来て虚子きょしが来て大三十日おおみそか  正岡子規まさおか しき

 

 

◎あざやか印

冬ざれや朱をあざやかに受領印  片山由美子

印影の朱のあざやかに事務始じむはじめ  日野草城ひの そうじょう

 

 

以上です