開発素句報 2022-07 炎天や光合成をひたすらに

開発素句報 2022-07 「汗の滴り

◎葉書俳句

◎テキスト

雲ひとつ暑さに変り無けれども ハードエッジ

無けれども:
ときとどむすべなけれども更衣ころもがえ 馬場駿吉ばば しゅんきち
ぼうふらの音無けれどもにぎやかな 西村麒麟   きりん
正座せいざしては無けれどもお正月 佐々木六戈ささき ろっか

無けれども/自作:
春の山ゆるつもりはなけれども ハードエッジ
花篝はなかがり花の高さはなけれども ハードエッジ
ふく風に春待つ気配けはいなけれども ハードエッジ

鉄道の涼しく曲る青嶺あおねかな ハードエッジ

涼しく曲:
風鈴ふうりん垣根かきね涼しく曲りけり 阿部みどりじょ
大川の涼しく曲るところかな ハードエッジ
すくひたるアイス涼しく曲りけり ハードエッジ

借りて乗るボートの一期いちご一会いちえかな ハードエッジ

借りて:
かえるの目借りて返さず眠るべし 鈴木鷹夫   たかお
借りて来し猫なりこいも付いて来し 中原道夫
借りてさす日傘ひがさ派手はでや豆の花 中村汀女    ていじょ

借りて着る浴衣ゆかたのなまじ似合にあひけり 久保田万太郎
借りて乗る田植よごれの自転車に 木村蕪城    ぶじょう

秋雨や旅の一日を傘借りて 高濱虚子たかはま きょし
一癖ひとくせのある稲刈機いねかりき借りて来し 小原啄葉おばら たくよう

宿借りて名を名乗らする時雨しぐれかな 松尾芭蕉    ばしょう
降る雪や借りて愛読書となりぬ 望月周もちづき しゅう
借りて来し鍋大いなり薬喰くすりぐい 星野麦人ほしの ばくじん

炎天えんてん光合成こうごうせいをひたすらに ハードエッジ

光合成:
水着着て光合成の始まりぬ 櫂未知子かい みちこ

一枡ひとます一字いちじめるすずしさよ ハードエッジ

一字:
ひなや母の名一字もらひし子 岬雪夫みさき ゆきお
遠足の子に扁額へんがくの一字読め 高千夏子
一字だけつかぬネオンや猫の恋 栗林明弘

悲しさを漢字一字で書けば夏 北大路翼きたおうじ つばさ
ふとぶとと氷一字の旗よろし 松本たかし

一字づつ文字をおぼゆる草の花 日原傳ひはら つたえ

提灯ちょうちんの三つに一字づつおでん 下田實花しもだ じっか
辞書割つて一字を寒燈下かんとうかに拾ふ 佐野まもる
飛びたがる誤植ごしょくの一字冬のはえ 秋元不死男あきもと ふじお
かいといふ一字の枯木大いなり 高野素十    すじゅう
年玉や上の一字を筆はじめ 正岡子規  しき
書初かきぞめや平仮名一人一字づつ 久保田万太郎
一字なほにじみひろごる試筆しひつかな 皆吉爽雨みなよし そうう

板塀いたべい板戸いたどせてせみから ハードエッジ

板戸:
魚を干す板戸のりや青芒あおすすき 大木あまり
朝顔や板戸にしみてくぎのさび 長谷川櫂はせがわ かい
青空や板戸を立てて氷る宿 宇佐美魚目うさみ ぎょもく

朝すでにあせしたた原爆忌げんばくき ハードエッジ

朝すでに:
朝すでに砂にのたうつ蚯蚓みみずまたぐ 西東三鬼さいとう さんき

◎推敲過程/テキスト

開発素句報 2022-07 推敲 テキスト

◎推敲過程/葉書加筆

開発素句報 2022-07 推敲 葉書

◎葉書俳句表側

 

以上です