ペア74 象の頭に小石のつまる天の川 大石雄鬼

追記:城垣/2020.10.12

ペアリング74

 

◎除外して

流氷りゅうひょうを見にゆく男をまじえずに 寺田京子

うぐひすもち食ふやをみなをまじへずに 森澄雄

 

 

◎男ばかり

ひなもなし男ばかりの桃の酒 正岡子規  しき

桜餅さくらもち男ばかりの待つ部屋に 吉田林檎   りんご

ほこ宿に男ばかりがうれしさう 西村和子

ががんぼや男ばかりの飯を食ふ 佐藤郁良   いくら

 

 

◎僧一人

入学や父兄ふけいのなかの僧一人 河野静雲

山寺や涅槃図ねはんずかけて僧一人 星野立子

炎天えんてんより僧ひとり乗り岐阜羽島ぎふはじま 森澄雄

通したまへ蚊蠅のごとき僧一人 小林一茶   いっさ

僧ひとり枯野に降ろしバスてり 畠山譲二

納豆や飯焚めしたき一人僧一人 正岡子規

病む僧の蒲団ふとんのすそに僧一人 高野素十    すじゅう

 

 

◎水に流す

花種はなだねの残りを水に流しけり 菅原鬨也すがわら ときや

花びらを水に流して朝桜 ハードエッジ

夜濯よすすぎの水に流すといふことを ハードエッジ

形代かたしろや何でも水に流す国 橋本喜夫

空蝉うつせみを水に流してやりにけり ハードエッジ

  その後は、
  せみから流れて山を離れゆく 三橋敏雄

 

 

◎女ばかり

桜ばかり女ばかりの上野かな 正岡子規

我宿は女ばかりのあつさかな 正岡子規

迎火むかえびを女ばかりにきにけり 高野素十

毛虫の季節エレベーターに同性ばかり 岡本眸     ひとみ

色鳥や女ばかりの露天風呂ろてんぶろ 小俣由とり

百舌鳥もず鳴くや女ばかりの日文科 櫂未知子かい みちこ

人日じんじつの女ばかりの集りに 星野立子

 

 

◎小石

山葵田わさびだほろびしあとの小石原 細見綾子

炎昼えんちゅうのタイヤがんでいる小石 斉田仁さいだ じん

ゆつくりと金魚の口を出る小石 上田信治

河がむ小石どぷんと蚊喰鳥かくいどり 中村汀女    ていじょ

象のに小石のつまる天の川 大石雄鬼   ゆうき

大石の割目に小石冬ざるる 上田信治
  その直前:
  大石や二つに割れて冬ざるる 村上鬼城    きじょう

  春になれば(石の存在は不明なれど)、
  城垣しろがきすきのくらがり鳥雲に 正木ゆう子

木枯こがらしかねに小石を吹きあてる 与謝蕪村よさ ぶそん

初凪はつなぎや小石かなづるほどの波 川崎展宏    てんこう

 

 

◎大石段

み上げたる大石段の片かげり 久保田万太郎

広々と大石段や初詣はつもうで 池内たけし

 

 

◎相手の目

へび逃げて我を見し眼の草に残る 高濱虚子たかはま きょし

きつねを見てゐていつか狐に見られてをり 加藤楸邨    しゅうそん

 

 

◎皿と種や皮

皿二つそらまめとそらまめの皮 行方克巳なめかた かつみ

皿のなかもう種ばかりさくらんぼ 鶴岡加苗

枇杷びわの種ことりと枇杷の皿の上 ハードエッジ

種を吐く葡萄ぶどうと同じ皿の上 山口誓子   せいし

 

 

◎新年の空

高く飛ぶものはゆつくり初御空はつみそら ハードエッジ

大いなる雲は急がず初景色はつげしき 吉田林檎

 

 

以上です