角川俳句賞2019 落選作 畑中に小便もらふ桜の木

角川俳句賞 2019

落選作

「会ひに来よ」50句
制作推敲総数=683句

角川俳句賞2019:
応募総数567篇、予選通過39篇
「会ひに来よ」は予選敗退

 

◎葉書俳句

背景の「落」マークは、
春夏は涼しそうな青
秋冬は暖かそうな赤、にしましたが逆効果

雛祭に青、冷蔵庫に赤はなかろう
と気付いたが後の祭

 

 

 

 

 

 

 

◎テキスト

目覚めざめのくまに食はるるふきとう

  ショボ
  イントロで躓く

 

歳時記さいじきの春の巻より春の風

  ツマラン

 

 

背が伸びて細き手足や雛祭ひなまつり

 

 

桜貝永遠とわおさなき桜色

  自作類句:
  ほんのりと言へば桜のさくら色 ハードエッジ

  暖かや赤子のつめの桜色 ハードエッジ

  春たのし子猫の鼻も桜色 ハードエッジ

 

 

花びらをちょうごとくに壁に刺す

  大失敗

 

 

畑中はたなかに小便もらふ桜の木

  「畑中」の秀句:
  畑中の西瓜すいか漂着ひょうちゃくせし如し 大串章

  改案:
  遊ぶ子に小便もらふ桜かな ハードエッジ

  「遊ぶ子」の四季:
  陽炎かげろうに包まれ遊ぶ子供かな 高濱虚子たかはま きょし

  母たのし汐干しおひにあそぶ子をながめ 星野立子

  物指ものさしをもつて遊ぶ子梅雨つゆの宿 星野立子

  遊ぶ子のなかをぬけゆく墓参ぼさんかな 日原傳ひはら つたえ

  石集めてひとり遊ぶ子にお淋し 清原枴童    かいどう

 

 

味見するやうに子猫をめてをる

  強引

 

 

バックネット裏のあんパン春の雲

  空振りか?

 

 

壺焼つぼやきの壺をもらつて帰りけり

 

 

山葵田わさびたの水全幅ぜんぷくかなでをる

  コザカシイ

 

 

虚子きょしぼうし継ぎ足して

  むろん先行句は、
  去年今年こぞことしつらぬく棒のごときもの 高濱虚子たかはま きょし

  家業繁盛

 

電柱は刺さるレガッタは進む

  刺さる電柱の先行句:
  寒鴉かんがらす去りて電柱つきささる 秋元不死男あきもと ふじお

 

 

誤用また楽しからずや五月晴さつきばれ

  元々は陰暦五月(新暦六月)の晴れ間=梅雨晴間つゆはれま
  昨今は新暦五月にも用いられる

 

 

梅雨つゆの月花よりれてゐたりけり

  魔が差したとしか思えない出来

 

 

毒だみや夜遊びに行く五六人

 

 

子宝こだからのこぼれむばかりつばめの巣

  先行句:
  子燕のこぼれむばかりこぼれざる 小澤實おざわ みのる

  他の自作「子宝」:
  金銀に勝る子宝宝船 ハードエッジ

 

 

馬車ばしゃかざる鈴になるべし花南瓜はなかぼちゃ

 

 

宿浴衣やどゆかたきのふはかすりけふはしま

 

石と木と鉄の道あり炎天下えんてんか

 

冷房のなき本堂の太柱ふとばしら

 

どんぶりすずしと猫の子が眠る

  参考句:
  もらひ来る茶碗ちゃわんの中の金魚かな 内藤鳴雪    めいせつ

 

 

胡瓜揉きゅうりも塩辛しおからき手となりにけり

 

ひまはりは雪の深さを知らざりき

 

番号や団地の壁の夕焼けて

 

みづからもむくろとなりし蚊遣香かやりこう

 

冷蔵庫バタンと閉めてまた明日

  こういう軽快な句を揃えたい

 

 

八月の赤字九月の黒字かな

 

白桃はくとうを夢の高さに積み上げて

  大失敗

 

曲りつつ青き稲穂いなほ金色こんじき

 

いねは日にいも土中どちゅうに太りをる

 

縦書たてがき塔婆とうばに良けれ曼珠沙華まんじゅしゃげ

 

これよりぞ秋刀魚祭さんままつりが火をいて

  月並

 

下駄箱げたばこの中の長靴ながぐつ秋の暮

 

屋上に駐車場あり今日の月

 

蜂蜜はちみつのとろりと夜学やがくつる頃

  一寸、背伸び

 

 

毛糸玉けいとだま子猫のために買ふことも

 

健気けなげなりコンクリートも大根も

  コンクリの秀句:
  さくら咲くコンクリートをつてゐる 加倉井秋を

  コンクリの基礎の部屋割り紫木蓮しもくれん 小池義人   よしと

  

 

ねぎうてパン屋の前を通りけり

  先行句:
  葱買うて枯木の中を帰りけり 与謝蕪村《よさ ぶそん

  「買うて」の四季:
  はまぐりを買うて重たや春の月 松本たかし

  宵山よいやまに買うて端切はぎれの美しき 山西雅子

  出目金を買うて龍宮城りゅうぐうじょうも買ふ 木田千女

  蟷螂とうろううらみを買うてしまひけり 福神規子

  湯上りの蜜柑みかん忘るな柚子ゆず買うて ハードエッジ

 

 

く時の林檎りんご包丁ほうちょう蜜柑みかんゆび

  腸詰め

 

 

湯ざめするまでは湯ざめでなかりけり

  深刻な「までは」:
  死ぬまでは生きてゐし人ひやし桃 八田木枯はった こがらし

 

 

年末

買ひ替へしなべに始まる年用意としようい

  凡庸

 

行く年に息をらしてゐたりけり

 

山寺のあたりが赤し除夜じょやかね

 

新年

ぽつかりと初日はつひめり海の上

 

泣初なきぞめ赤子あかごの舌の短さよ

 

初夢に見知らぬ人がにこにこと

 

びんに入れ流してみたき宝船たからぶね

 

着飾りて詩歌しいかの国の歌留多会かるたかい

  先行句:
  波寄せて詩歌の国や大旦おおあした 大谷弘至おおたに ひろし

 

 

冬2

寒卵かんたまご売場乳製品売場

  締切前のラスト1
  地元の生協写生句

 

春2

もう一度子猫になつて会ひに来よ

 

 

◎推敲過程/時系列手書き推敲 A4

全31ページ

角川俳句賞2019

 

 

◎推敲過程/季語別 A4

表示不具合調査中

全10ページ

赤字が最終稿

角川俳句賞 2019 季語別推敲

 

以上です