開発素句報 2019-10 秋深く赤い夕日を滲ませて

開発素句報 2019-10

赤い夕日

 

◎葉書俳句

開発素句報 2019-10

 

 

◎テキスト

豊年ほうねんやカラメルソースげそむる ハードエッジ

 

柿の木がこの柿食へと枝垂れけり ハードエッジ

  ラジオの「お便り」コーナーで、そんな話を聞きました

 

銀座から浅草へゆく秋の暮 ハードエッジ

 

秋深く赤い夕日をにじませて ハードエッジ

  推敲:沈ませて→沈みゆく→(再び)沈ませて→滲ませて

 

湯煙ゆけむりの夜空に消ゆる紅葉もみじかな ハードエッジ

  夜空では紅葉が見えないんじゃないかとの懸念がありますが、
  実際は見えてないけれども、心に見えている、
  というのが俳句業界のお約束です

 

  先行句:
  湯煙の紅葉になびき消えてゆく 上村占魚うえむら せんぎょ

 

  湯煙のその後は、
  湯煙の夜空に消えて朝のしも ハードエッジ

 

  湯煙秀句:
  湯煙のまつはりやまぬ氷柱つららかな 清崎敏郎   としお

 

  ゆけむりの二階の窓に日向ぼこ 倉田紘文    こうぶん

 

  自作追加:
  湯の町は湯煙の町初紅葉 ハードエッジ

 

 

秋の夜の細部さいぶ宿やどたまふもの ハードエッジ

  God is in the detail

  俳句のためのフレーズにも聞こえます

 

少しづつ天気良き日の冬支度ふゆじたく ハードエッジ

  「天気良き日の」か「天気良き間の」か迷う

 

  「少しづつ」秀句:
  残雪に朝朝雪の少しづつ 高野素十    すじゅう

 

  少しづつ暮れてくれきる桃の花 岩淵喜代子いわぶち        

  「くれきる」がスゴイ

 

  少しづつ動くばつたや石の上 岩田由美

 

  ひだまりや枯萩すこしづつ粉に 大塚凱    がい

  「粉に」が非情

 

  少しづつくすんでゐたる冬紅葉 杉原祐之

  自作追加:
  少しづつ書いてつらつら氷柱つららの夜 ハードエッジ

 

以上です