ペアリング24 春ひとり槍投げて槍に歩み寄る 能村登四郎

追記:夢の高さ/2019.3.24、もまるる花びら/2019.3.14、長閑/2019.2.18、土筆/2019.1.9、落穂・草の花/2018.10.30、日向ぼこ/2018.9.12、1ペア移転/2018.9.4、追加:種袋 汗かき/2018.6.9

ペアリング24

 

◎スポーツ春秋

春ひとりやり投げて槍に歩み寄る  能村登四郎のむら としろう

円盤投げしあとのよろめき秋終わる  斉田仁さいだ じん

 

 

◎睡眠の季節

おぼろにて寝ることさへやなつかしき  森澄雄

七夕たなばたや独り寝さてもなつかしき  小川軽舟    けいしゅう

人間に寝る楽しみの夜長かな  青木月斗   げっと

 

 

◎運命

ひろはれてよりの仕合せ桜貝  後藤比奈夫   ひなお

拾はれて長閑のどかなバスの客となる  ハードエッジ

やさしげな子にすくはれし金魚かな  笹下蟷螂子ささか とうろうし

ひろはるるそのたうとさよ草の花  広瀬惟然ひろせ いぜん

 

 

◎花を混ぜる

残生やひと日は花をきこんで  飴山實あめやま みのる

荒々と花びらを田に鋤き込んで  長谷川櫂    かい

花びらのもまるる水を田に引けり  南うみを

そして、秋には:

落穂おちぼをも踏みかためつゝ道となる  高濱虚子たかはま きょし

 

 

◎色違い、音違い

葉ざくらや白さたがへて塩・砂糖  片山由美子

槍穂高やり ほだか色を違へて炎天下  粟津松彩子あわず しょうさいし

秋立つや音を違へて稲と草  岸本尚毅    なおき

 

 

◎それほどの事

種袋たねぶくろ振つて忘るるほどのこと  松野苑子

土筆つくしはかま取りつつ話すほどのこと  大橋敦子おおはし あつこ

白靴しろぐつを踏まれしほどの一些事いちさじか  安住敦あずみ あつし

汗かきに出掛けるほどの用なりし  小圷健水こあくつ けんすい

ががんぼの脚を落とせしほどのこと  片山由美子

日向ひなたぼこしながら出来るほどの用  稲畑汀子いなはた ていこ

 

 

◎サイズと質量

蚊柱かばしらや不幸に丈のありとせば  鷹羽狩行たかは しゅぎょう

空蝉うつせみや不幸に重さのありとせば  齋藤愼爾    しんじ

ほうの花夢に高さのありとせば  南うみを

 

 

◎菖蒲とは

広々と紙の如しや白菖蒲しょうぶ  星野立子

てぬぐひの如く大きく花菖蒲  岸本尚毅

 

 

◎次の間

絨緞じゅうたん薔薇ばらが次の間までひらく  正木ゆう子

次の間に絵のつゞきゐる屏風びょうぶかな  下田實花   じっか

次の間へふすまの松のつづきをり  奥坂まや

 

以上です