開発素句報 2018-14 雨に立つ花の篝の鉄の足

開発素句報 2018-14 特急つばめ

一旦、take-8で校了
関係者に数枚配布したものの、
どうもピンと来なくて再考
結局、take-11までもつれ込みました

 

◎葉書版

◎自句自解

君知るや春あけぼのの豆腐店とうふてん
  「君」は無論、清少納言、であります

  「55DB」には、
  豆腐屋80余
  豆腐店2 で、
  豆腐店は、圧倒的な少数派ではありますが、
  世間には「藤原とうふ店」もあるし、、、強行

 

生産地シールはピンク春キャベツ

 

 

食はるるを鶯餅うぐいすもちはまだ知らず
  調べたら、
  「食はるる」は私の得意フレーズ、でした

  生きもののとりに食はるる春の昼

  喰ふものも喰はるるものも蟻地獄ありじごく

  凍鶴いてづるに食はるるものも氷りをる

 

「つばめ」てふ特急ありきつばめかな

  戦後の特急つばめ(1950年~)は、
  機関車-客車-展望車編成で、女性乗務員つばめガール同乗、
  (名古屋で電気機関車→蒸気機関車を入れ替え)
  東京-大阪間9時間→ダイヤ改正で8時間
  →記録映画「つばめを動かす人たち」1954年モノクロ/科学映像館

  東海道本線全線電化(1956年)により、
  東京-大阪間7時間30分、
  電気機関車・客車共に従来の焦茶色から鶯色に刷新される
  明るい色は、相当なインパクトだったと思われる
  →特急つばめ/GGL画像
  →特急つばめ/wiki
  →東海道電化完成記念切手/GGL画像

  しかし、
  つばめの時代は長くはなく、
  車体の老朽化などもあり、
  電車特急こだま(1958年、東京-大阪間6時間50分)の登場で影が薄くなる
  →特急こだま/国鉄/GGL画像

  その花形ビジネス特急こだまも、
  東海道新幹線(1964年、東京-大阪間ひかり4時間 こだま5時間)の登場で、
  名前は受け継がれるが、東海道線からは消え去る

 

 

蒲公英たんぽぽわたに全てをたくしけり
  「蒲公英は」にすれば分りやすい
  でも、句がせる
  とか、それらしきことを言ってみる

 

 

花水木はなみずき咲くや若葉も寄り添うて
  花と葉の大きさが程良いような、、、

 

 

雨に立つ花のかがりの鉄の足
  漢字と仮名が、一文字づつ交互に来るのが自慢です

 

◎推敲過程 葉書

pdf_20180419

◎推敲過程 DB

開発素句報2018-14

 

以上です