ペアリング8 春風の日本に源氏物語 京極杞陽

1ペア移転/2018.9.4、追記:桜餅/2018.11.15、安産・哺乳瓶・月の出/2018.8.27、櫻鯛・月の色/2018.5.17、遠花火/2018.5.7

◎ペアリング8

◎日本の春秋

春風の日本に源氏物語  京極杞陽(きよう)

秋風の日本に平家物語  京極杞陽

 

 

◎生育環境

この島の魚で肥えて猫の恋  大谷弘至(おおたに・ひろし)
  ※肥えて=こえて

潮風に育つて蠅の逞しき  ハードエッジ
  ※蠅=はえ、逞しき=たくましき

 

 

◎ディスプレイ

婚の荷をひろげるやうに雛飾る  猪俣千代子(いのまた・)
  ※婚の荷=こんのに

ウインドに落葉のやうに靴ちりばめ  西村和子

 

 

◎死の季節

春なれや歌舞伎これより死出の旅  岸本尚毅(なおき)
  ※歌舞伎=かぶき

夏芝居監物某出てすぐ死  小澤實
  ※監物某=けんもつなにがし

 

 

◎メモメモ φ(・_・”)

晩夏光バットの函に詩を誌す  中村草田男(くさたお)
  ※晩夏光=ばんかこう、安い煙草の銘柄がゴールデンバット(こうもり)、誌す=しるす
  →ゴールデンバット/GGL

  野球のバットなら、
  炎天のビールケースにバット挿す  榮猿丸(さるまる)

渡り鳥紙ナプキンに書く手紙  神野紗希(こうの・さき)
  書いた手紙の住所が滲んでいたら
  →荒井由実『あの日にかえりたい』/歌ネット

鉛筆で助炭に書きし覚え書  高濱虚子(たかはま きょし)
  ※助炭=じょたん→GGL画像

 

 

◎光り物

松手入ひかりの針をふりこぼし  鍵和田[ゆう]子(かぎわだ・)

白葱のひかりの棒をいま刻む  黒田杏子(ももこ)
  ※葱=ねぎ

 

 

◎暗い位置

足もとはもうまつくらや秋の暮  草間時彦

とつぷりと後ろ暮れゐし焚火かな  松本たかし

月の出やまだ坂下は眞のやみ  正岡子規

 

 

◎オルゴールの蓋

蓋開けて月の光のオルゴール  ハードエッジ
  ※蓋=ふた

凍蝶や蓋を閉ぢたるオルゴール  山田露結(ろけつ)
  ※凍蝶=いてちょう

 

 

◎老い共々

われも老い妻も老いけり桜餅  田中冬二

くす若葉団地全棟全戸ぜんとうぜんこ老ゆ  小川軽舟(けいしゅう)

吾も老いぬ汝も老いけり大根馬  高濱虚子

神父老い信者われ老いクリスマス  景山筍吉(じゅんきち)

日記果つ父老い長嶋茂雄老い  小川軽舟

 

以上です