夏 【蟻】 たかりをる小匙一杯分の蟻

全然堂歳時記 夏
【蟻】あり

 

◎葉書俳句

全然堂歳時記 夏 【蟻】

 

 

 

◎テキスト

白蟻は家に黒蟻は炎天下えんてんか ハードエッジ

黙殺もくさつの蟻の過ぎ行くせみの穴 ハードエッジ

  参考句:
  蝉の穴蟻の穴よりしづかなる 三橋敏雄

 

蟻の巣のてつぺんにある穴ひとつ ハードエッジ

日の差さぬ蟻の巣に住み黒づくめ ハードエッジ

  黒づくめ秀句:
  人間をおそれぬ蟻の黒づくめ 右城暮石うしろ ぼせき

  風の盆男踊りの黒づくめ 菖蒲しょうぶあや

  旅にゐて装黒づくめ近松忌ちかまつき 森澄雄

 

付け替へて今朝けさあたらしき蟻の道 ハードエッジ

蟻の列むちごとくにあめぶ ハードエッジ

  鞭の秀句:
  むちうつて牛動かざる日永かな 夏目漱石    そうせき

  鞭もまた泥まみれなり田掻牛たがきうし 若井新一

  代馬しろうまの泥の鞭あと一二本 高野素十    すじゅう

 

遠くまで死をぎ当てて蟻の列 ハードエッジ

  遠くまでの名句:
  遠くまで行く秋風とすこし行く 矢島渚男    なぎさお

 

たかりをる小匙こさじ一杯分の蟻 ハードエッジ

黒山の蟻に歓喜かんきの声もなし ハードエッジ

  歓喜の秀句:
  田水引くすぐに歓喜のにごりかな 山田真砂年

  谷にこいもみ合う夜の歓喜かな 金子兜太   とうた

 

蟻たかる白くけゆくものの上 ハードエッジ

  参考句:
  黒蟻や溶けし氷菓ひょうかに流さるる 生駒大祐いこま だいすけ

 

あがきつつ邪悪じゃあくな蟻をこぼしつつ ハードエッ

  こぼしつつ秀句:
  鱗粉りんぷんをこぼしつつ花衣はなごろもかな 櫂未知子かい みちこ

  蟻引けりの銀粉をこぼしつつ 下村梅子

  行く人のせきこぼしつつ遠ざかる 高濱虚子

  船のやうに年逝く人をこぼしつつ 矢島渚男

  初荷着く市につぼみをこぼしつつ ほんだゆき

 

小分けして死を運び去る蟻の列 ハードエッジ

  参考句:
  蟻運ぶ蝶の模様のかけらかな 高柳克弘

 

蟻の列磁石じしゃくを置けば曲るなり ハードエッジ

松に蟻その行先ゆくさきは知らねども ハードエッジ

  行先秀句:
  行先ちがふ弁当四つ秋日和 松永典子

  行く先もきめず小春を誘ひ合ひ 安沢阿弥

 

蟻の列にも殿しんがりのありぬべし ハードエッジ

蟻一つ浮んでゐたるバケツかな ハードエッジ

  水と虫:
  一日のはじまる水に浮ぶ蟻 鷹羽狩行たかは しゅぎょう

  行水ぎょうずいのすて所なき虫の声 上島鬼貫    おにつら

  夜濯よすすぎに小虫来りて水に落つ ハードエッジ

  冬の水浮む虫さへなかりけり 高濱虚子たかはま きょし

 

蟻の列静かに夕日沈み行く ハードエッジ

  蟻と夕暮:
  蟻の列いま粛然しゅくぜんと夕焼けぬ 川端茅舎    ぼうしゃ

  夕焼や忘れてをれば蟻の列 加藤楸邨    しゅうそん

 

公園に夜のブランコ夜の蟻 ハードエッジ

蟻の巣や王家の谷へ地下通路 ハードエッジ

 

 

◎推敲過程

全然堂歳時記 夏 【蟻】

 

 

◎蟻の名句

蟻の列しづかに蝶をうかべたる 篠原梵しのはら ぼん

蟻が引くニケの翼のごときもの 片山由美子

蟻強しこゑもことばも持たぬゆゑ 高柳克弘

働き蟻足跡ひとつ残さざる 小川軽舟    けいしゅう

蟻の列ここより地下に入りゆけり 山口波津女   はつじょ

死に切らぬうちより蟻に運ばるる 相生垣瓜人あいおいがき かじん

大蟻の雨をはじきて黒びかり 星野立子

つぶされし蟻が黒さを失はず 右城暮石

蟻潰す孫の未来にわれを消す 鈴木鷹夫

蟻の列図鑑で見るよりも速い あさふろ/富山県

  ※この作者は「聞ける俳句」で初見

以上です