ペアリング69 解けやすきものにうすら氷花結び ハードエッジ

追記:池二つ/2020.5.21

ペアリング69

◎やうな顔

水温みずぬるむやうな顔して山羊やぎの居り 大串章

明日も会ふやうな顔して卒業す 大塚次郎

蟇交ひきつるむ似たやうな顔うち重ね 岩田由美

そら豆のやうな顔してゐる子かな 星野高士   たかし

もずのやうな辯舌べんぜつ蟇のやうな顔 正岡子規

鮟鱇あんこうきもつぶしたやうな顔 ハードエッジ

 

 

◎夜の羊羹

おぼろの夜羊羹ようかん黒き長四角 中戸川朝人なかとがわ ちょうじん

どこも夜水羊羹を切り分ける 山口優夢   ゆうむ

 

 

◎蝶と花

春風の蝶々ちょうちょう結びひっぱりぬ 池田澄子

解けやすきものにうすら花結び ハードエッジ

 

 

◎レジ

レジスター開きて遠き雪崩なだれかな 山田露結   ろけつ

冷房とレジスターとが同じ色 山口優夢   ゆうむ

暖房に毛皮とそれのレヂスター 中村汀女    ていじょ

がちゃちゃんと大つごもりのレジの音 高澤良一たかざわ よしかず

日記手にレジ待つ人や我もまた ハードエッジ

 

 

◎二つの違い

大皿が二枚花烏賊はないか桜鯛さくらだい ハードエッジ

皿二つそらまめとそらまめの皮 行方克巳なめかた かつみ

秋風や模様の違ふ皿二つ 原石鼎  せきてい

池二つれてその色ことなれる 田中裕明    ひろあき

 

 

◎五六人

菜の花やスコップを手に五六人 山田露結

夕立や松とりまいて五六人 正岡子規  しき

麦刈るや麦に沈める五六人 長谷川櫂      かい

雨乞あまごいや棒のごとくに五六人 細川加賀  かが

毒だみや夜遊びに行く五六人 ハードエッジ

五六人沖の満月へと泳ぐ 中村苑子

崖上がけうえに月見るこえや五六人 正岡子規

吉良邸きらてい湯豆腐ゆどうふ囲む五六人 ハードエッジ

葬送そうそうや雪踏み役の五六人 細川加賀

牡蠣船かきぶねの入口にゐる五六人 ハードエッジ

左義長さぎちょうき跡にまだ五六人 市堀玉宗いちぼり ぎょくしゅう

 

 

◎電波電磁波

新緑しんりょくの夜空混み合ふ電波かな 仲寒蝉なか かんせん

電磁波でんじはの地球出てゆく星月夜ほしづきよ 和田悟朗

 

 

◎東京タワー

東京タワー海より見ゆる夏料理 ハードエッジ

東京タワー見えるをくぐりけり 斉田仁さいだ じん

四万六千日しまんろくせんにち東京タワーにも寄りて 小池康生   やすお

はぜ釣るや東京タワー灯るまで 大島民郎    たみろう

庭木刈つてみゆる東京タワーの灯 久保田万太郎

白粉花おしろいや東京タワー建設す ハードエッジ

毛皮着て東京タワーよりさびし 小久保佳世子

灯のびょうの東京タワー年の暮 鷹羽狩行たかは しゅぎょう

 

 

◎一本つける

蚕豆そらまめに一本つけぬこと不服ふふく 稲畑汀子   ていこ

その前に一本つけよ晦日蕎麦みそかそば 鷹羽狩行

 

 

◎塩味

胡瓜揉きゅうりもみ塩味の手となりにけり ハードエッジ

牡蠣かきすするわが塩味もこれくらゐ 正木ゆう子

 

以上です