類題 【頭】 信心のお南瓜様の頭かな

全然堂歳時記 類題
【頭】あたま

あたま・かしら・こうべ・つむり・ズ・トウ

◎葉書俳句

全然堂歳時記 類題 【頭】

 

 

◎テキスト

青頭あおつむりつまめば硬き土筆つくしかな ハードエッジ

 

日に焼けし坊主頭ぼうずあたま号泣ごうきゅうす ハードエッジ

 

立ち上る青大将あおだいしょう後頭部こうとうぶ ハードエッジ

 

向日葵ひまわり頭突ずつきで割つてみたきかな ハードエッジ

 

夕焼の海に頭を出してゐる ハードエッジ

 

 

秋晴の飛蝗ばったの頭とがりけり ハードエッジ

 

はらわたを抜かれし秋刀魚さんまも失せて ハードエッジ

  分類は「頭」でなく、「腹」にすべきだったと気付いたのは20部ほど印刷した直後
  まあ、いいや 許可!

 

もずにえ頭がもげてしまひさう ハードエッジ

 

信心のお南瓜かぼちゃ様の頭かな ハードエッジ

  ハロウィン+「いわしの頭も信心から」

 

 

敗荷やれはすの頭を水に沈めたる ハードエッジ

 

狗尾草えのころこうべるる秋の暮 ハードエッジ

 

 

冬+新年

釘のの赤く怒れる焚火たきびかな ハードエッジ

 

金目鯛きんめだい頭一つを夕餉ゆうげとす ハードエッジ

 

が見えてやがて大きく初日の出 ハードエッジ

  「初日+頭」ではこんな句も:
  清盛きよもりの頭ほどなる初日かな  会津八一あいづ やいち

 

水の上の石の頭も春を待つ ハードエッジ

 

たたかれて釘の頭や寒明かんあくる ハードエッジ

 

以上です