類題 【口】 暖かや前歯の欠けし女の子

全然堂歳時記 類題
【口】くち
唇、歯、舌を含む

◎葉書俳句

全然堂歳時記 類題 【口】

 

◎春

暖かや前歯の欠けし女の子 ハードエッジ

  少し前までは:
  初蝶はつちょうや子にゆるびたる歯が一つ  藤田湘子ふじた しょうし

春の色ずらり口紅売場なり ハードエッジ

  「春色しゅんしょく」では語感が弱いかと土壇場改善

れてみて指より硬しひなくち ハードエッジ

  雛だけでなく:
  薄紅うすべにくちびる硬し桜鯛さくらだい  ハードエッジ

あめなめて口中こうちゅう甘し雪解川ゆきげがわ ハードエッジ

歯に当ててぱりりと音や桜餅さくらもち ハードエッジ

  数秒後:
  さくらもち葉をみ切れるかいありぬ  小澤實おざわ  みのる

直立の舌の純白紫木蓮しもくれん ハードエッジ

  「木蓮+舌」の句:
  舌のやうな木蓮を踏みひに行く  今井聖いまい せい

くちびる磯巾着いそぎんちゃくは飾り立て ハードエッジ

 

 

◎夏

豆ごはん豆のごはんと口々に ハードエッジ

その人の口の中なるさくらんぼ ハードエッジ

  参考句:
  くちすへばほほづきありぬあはれあはれ  安住敦あずみ あつし

夏痩なつやせや封筒の舌折り返す ハードエッジ

  得意ではない取り合せの句
  舌を折り返すのは究極の夏痩っぽいのでは?

 

 

◎秋

口笛のごと流星りゅうせいさりけり ハードエッジ

  「地に刺さる」では説明過ぎか?

唐黍とうきびを歯にてき取る子規忌しききかな ハードエッジ

  正岡子規の食欲の名句:
  健啖けんたんのせつなき子規の忌なりけり  岸本尚毅きしもと なおき

 

 

 

◎冬・新年

立冬りっとう歯磨はみがきで歯を美しく ハードエッジ

  時に、図らずして、ナンセンスな句が出来たりします

  どの季節でも良さそうですが、
  真っ白な歯、雪のような白さ、、、で冬に

  ふと、雪村いづみを連想したのは、
  昔、「スーパーライオン」という歯磨きがあってですね、、、→雪村いづみ『ライオン歯磨 スーパーソング』

海底うなぞこ鮟鱇あんこうは口ひしやげたり ハードエッジ

  「かいてい」ではなく「うなぞこ」

闇汁やみじるに口がけても言へぬもの ハードエッジ

  参考句:
  鮟鱇の口が裂けても言へぬなり  安住敦あずみ あつし

猫舌ねこじたで寒さに弱き男かな ハードエッジ

  猫舌なら、熱い食い物、飲み物が出てくるのが常套じょうとうですが、
  「あつものりてなますを吹く」から、
  冷たさ、寒さを取り合せました

  参考句:
  ねこ舌にうどんのあつし日短ひ みじか  久保田万太郎

泣初なきぞめの小さな口や歯が綺麗きれい ハードエッジ

  半年くらい前なら:
  万緑ばんりょくの中や吾子あこの歯生えむる  中村草田男    くさたお

いもうとへくちうつしなる手毬唄てまりうた ハードエッジ

  葉書俳句発行後の推敲/2019.7.20:
  手毬唄一節づつを口移し  ハードエッジ

春待つや乳より白き歯が生えて ハードエッジ

  乳歯!

寒紅かんべにの口を大きく笑ふなり ハードエッジ

  3つ前が小さな口だったので、大きくしてみました

  参考句:
  口あけて腹の底まで初笑はつわらい  高濱虚子たかはま きょし

  娘義太夫むすめぎだゆう寒紅の口大開き  辻桃子

 

 

 

◎未練句

春色を引く唇のまだ冷た ハードエッジ
薄紅の唇硬し桜鯛 ハードエッジ

炎天の黒き鴉に赤き舌 ハードエッジ
夏痩せて舌先三寸の男 ハードエッジ
風鈴の舌の軽さよ翻る ハードエッジ
やかましき風鈴の舌千切りけり ハードエッジ
風鈴の舌を丸めて箱の中 ハードエッジ
風鈴の舌一枚の軽さかな ハードエッジ
粉つぽいものを食みをる蜘蛛の口 ハードエッジ

舌と歯とうすく冷たきくちびると ハードエッジ
凍滝は凍てて虫歯は抜かれけり ハードエッジ
湯たんぽの小さな口に熱湯を ハードエッジ
唇を舐めてマスクを外しけり ハードエッジ
冷たきは寒紅かその唇か ハードエッジ
銭湯で歯を磨く人大晦日 ハードエッジ

 

以上です