類題 【目2】 青い目の子猫と魔法使かな ハードエッジ

全然堂歳時記 類題

【目2】

◎葉書俳句

全然堂歳時記 類題 目2

 

 

◎春

つままれてうぐひすもちの目鼻出来  ハードエッジ

青い目の子猫と魔法使かな  ハードエッジ

  改訂版/2019.7.21:
  青い目の子猫と赤い目の魔女と  ハードエッジ

散る花に目を見開いて赤ん坊  ハードエッジ

貸してやる目の玉ふたつ春の昼  ハードエッジ

  蛙の目借り時

 

 

◎夏

ふる雨に猫の瞑目めいもく傘雨さんうの忌  ハードエッジ

  献呈先:
  しかられて目をつぶる猫春隣  久保田万太郎

恐竜きょうりゅうは夕立に目を細めたり  ハードエッジ

  前号から改良

蛞蝓なめくじに目鼻毛虫に目鼻かな  ハードエッジ

  なぜか、むずむずすると思ったら、
  「鼻毛」が隠れてた

紫陽花あじさいや目に見えねども低気圧  ハードエッジ

  自作類句:
  紫陽花は気圧の谷に咲くといふ  ハードエッジ

 

 

◎秋

自画像に目を入れてゐる生身魂いきみたま  ハードエッジ

  目を入れる先行句:
  目を入るるとき痛からんひなの顔  長谷川櫂         かい

  「生身魂」の秀句:
  ローリング・ストーンズなる生身魂  榮猿丸さかえ さるまる

目にも見よ音にも聞けと大花火  ハードエッジ

  「遠からんものは音に聞け、近くば寄って目にも見よ」/平家物語

強面こわもて野分のわきなれども目が綺麗きれい  ハードエッジ

青空に瞑目めいもくつづくもずにえ  ハードエッジ

  「瞑目つづく」の先行句:
  最澄さいちょうの瞑目つづく冬のあぜ  宇佐美魚目      ぎょもく

  「瞑目」の秀句:
  瞑目といふこと新茶ふふみけり  上田五千石    ごせんごく

  いのりりより固き瞑目シャワー浴ぶ  辻田克巳

  瞠目どうもくはふくろふのもの瞑目も  亀丸公俊

 

 

◎冬

闇汁やみじるに何の目玉かなべの底  ハードエッジ

鮟鱇あんこうの口ほどもなき目なりけり  ハードエッジ

  初案:
  鮟鱇の大きな口と小さな目  ハードエッジ

  「鮟鱇」の自作PR:
  鮟鱇のきもつぶしたやうな顔  ハードエッジ

  深海に鮟鱇の口ひしやげたる  ハードエッジ

  鮟鱇の一寸先の鮟鱇鍋  ハードエッジ

水平に目の玉ふたつ初日の出  ハードエッジ

初景色遠くより目を移しつつ  ハードエッジ

 

 

以上です